One-size-fits-one

「One-size-fits-one」は、パラメトリックデザインの手法とデジタルファブリケーション機器であるCNCミリングマシン連動させ、スツールをデザイン・制作するシステムです。制作する全てのスツールは、木製の3つのパーツからなるシンプルな構造のもので、強度を確保しつつ組み立ても容易に行えます。

1. ユーザーは、片手にデバイスを持ち、手を広げるジェスチャーで示すことによって、想定している「座面の大きさ」と「スツールの高さ」を決定します。

2. 入力された数値はソフトウェア上で即座に反映されます。ソフトウェアは、入力されたデータに対応したスツールの3Dデータと各パーツの外形データを生成し出力します。

3. 出力されたデータをもとに、CNC ミリングマシンを使ってパーツを切り出し、組み立てることによって独自の座面の大きさと高さを持つスツールが完成します。